ハイミー(うま味調味料) 業務用 1kg / 和・洋・中のだしの補強に<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />

ハイミー(うま味調味料) 業務用 1kg / 和・洋・中のだしの補強に

☆上の画像にマウスを乗せると左の拡大画像が切り替わります。

販売価格 1,944円(税込)
配送方法常温便
購入数
現在の出荷状況:
午後14時までのご注文は
出荷予定(最短、翌日着)
※北海道・東北・沖縄は最短で翌々日着
この商品について問合わせる

だしを効かせる、うま味調味料

こんぶ、かつお、しいたけに含まれる3つのうま味成分をバランス良く配合したうま味だしです。うま味が強く、素材によくしみこむので、煮物や鍋物などの料理にまろやかな味わいと深いコクを与えます。

だしの補強に・・・

  • ラーメンスープ スープ1Lに、1g(小さじ 1/4)
  • 煮物 煮汁1Lに、1g(小さじ 1/4)
  • うどん/そば だし1Lに、1g(小さじ 1/4)

コク付けに・・・

  • たれ(焼肉・丼物・ラーメン等) 1Lに、2〜4g(小さじ 1/2〜1)
  • 中華丼・八宝菜のあんかけ 10人分に対し、4〜8g(小さじ 1〜2)

●小さじ<5ml>すりきり1杯は約4gです。
●熱に強く、調理の際いつ加えても効き目は同じです。
●味の濃い料理にお使いいただくと効果的です。
●酸度の強いものにも良く溶けます。


うま味だし「ハイミー」製品についてのQ&Aは、味の素株式会社Webサイト「商品に関するご質問:うま味だし・ハイミー(R) 」ページでご確認ください。

※素材の下味つけや下茹で、料理の仕上げには、味の素株式会社の別製品「うま味調味料 味の素(R)S」をおすすめします。

商品情報 / 【食品添加物】うま味だし「ハイミー」

原材料表示・特記事項

品名配合調味料
成分重量%L-グルタミン酸ナトリウム 92%
5'-リボヌクレオタイドナトリウム 8%
内容量1kg
保存方法開封後は湿気が入らないように保存してください。袋物は、瓶または密封容器に入れ替えるか、袋の口を2回以上折りたたみ、湿気の入らないように閉じて保存してください。
お届けする商品の賞味期限について商品管理および配送の都合上、お手元に届く製品の賞味期限は上記の日数より短くなります。上記は賞味期限の目安としてご確認ください。
製造者味の素株式会社
東京都中央区京橋1の15の1

●本品は食品添加物です。

●本品は塩や砂糖のように長期間品質が変わらないため賞味期間の設定はありません。未開封で、見た目に変色(黄色く、あるいは茶色く変色したり)などなく、白いままで、吸湿や固まり等がなくサラサラとしているようでしたら、使用できます。

●グルタミン酸は、昆布、チーズ、トマトなどに含まれているうま味成分です。

●5'-リボヌクレオタイドナトリウムは、かつおぶしに含まれているうま味成分(イノシン酸)と、しいたけに含まれているうま味成分(グアニル酸)を合わせたものです。

●さとうきびを主原料に、発酵させて作っています。

原材料・アレルゲン情報(アレルギー表示)

特定原材料(7品目)小麦-
-
-
えび-
かに-
そば-
落花生-
特定原材料に準ずるもの(20品目)-

栄養成分表示(家庭用の65g瓶 4ふり(0.4g)あたり)

エネルギー1.1kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物0g
食塩相当量0.12g
アミノ酸0.3g

(この表示値は目安であり、たんぱく質は計算値です)

発送時期について
1〜3営業日内に発送

お支払い方法
●クレジットカード
使用可能クレジットカード一覧

●代金引換
宅急便コレクト(クロネコヤマト)



配送・送料について
●通常商品(重量が概ね20kg以下{一斗缶を除く}の商品)は全国一律送料「660円(税込)」(※沖縄県への配送のみ除きます)。
●業務用向け大袋商品の場合は九州〜関東まで一律1,100円税込。
●送料の詳細は「ご利用案内」ページでご確認ください。
●商品は宅配便にてお届けいたします(運送会社:佐川急便、ヤマト運輸)。
●お届けにあたって、到着日時指定が可能です。ご購入の際のレジ画面で選択してください。

返品について
商品の品質には万全を期しておりますが、万一、不良・破損等ございましたら「7日以内」にご一報ください。早急に対応させていただきます。
●商品の性質上、原則として未使用・未開封のものに限らせていただきます。

沼隈ぶどうジュース(イラスト:柳原良平)