最新のメディア掲載商品
女性向けファッション雑誌「an・an(アンアン) 4月5日号」にて保命玉が紹介されました(H29.3.29)。

食の専門雑誌「料理王国 2月号」にて沼隈ぶどうジュースが紹介されました(H29.1.6)。

フードアナリスト中村友美さんのコラム「ゆるり安心食材探し」にて岡本亀太郎本店の本みりんが紹介されました(中国新聞H28.12.22)。

グルメ雑誌「dancyu」企画「旅で出会ったおいしいもの紀行」にて沼隈ぶどうジュースが紹介されました!
ライフスタイル誌「BRUTUS」企画「日本一のお取り寄せ」にて秋元康さんに100%ジュース部門・第3位に選出していただきました!
女性週刊誌「女性自身」連載「園山真希絵の日本全国お取り寄せギャップフード」にて保命玉(ほめだま・保命酒飴)が紹介されました!
広島ホームテレビ「Jステーション」にて保命酒たいやきが紹介されました!
ライフスタイル誌「BRUTUS」企画「ICE NEWS 2016」にてモーリー・ロバートソンさんに選出していただきました!
夏の定番・お中元にも。アイスクリームの東屋謹製・保命酒ジェラート
ご当地ギフトでお歳暮 - のし包装は無料サービス
サイトメニュー
会社概要
備後しまなみとは
備後しまなみの特産物
備後特産品研究会の取り組み
よくあるご質問と答え
メディア掲載履歴
お知らせ一覧
備後特産品関連リンク集
サイトマップ
沼隈町ってどこにある? 広島県福山市沼隈町のご紹介
保命酒 / ほうめいしゅ - 鞆の浦 特産品
「アンクルトリス」柳原良平氏が描く沼隈ぶどうジュースのイラストについて
ご利用案内(送料、お届け日の目安等)
お客様の声
営業カレンダー
イベント・出展情報
商品取扱店情報
のし紙の選び方、ギフト・ご贈答 参考情報
酒類(お酒)商品販売時の年齢確認にご協力ください

2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
ピンクの背景色がついた日が休業日です。
発送時期について
1〜3営業日内に発送

お支払い方法
●クレジットカード
使用可能クレジットカード一覧

●代金引換
宅急便コレクト(クロネコヤマト)

●銀行振込(前払い)
中国銀行
※本店:岡山市

●郵便振替(前払い)
ゆうちょ銀行


配送・送料について
お届けの地域により送料は異なります。詳細は「ご利用案内」ページでご確認ください。なお、お買上げ金額が税込5,400円以上の場合、送料を無料サービスいたします(北海道・東北・沖縄地域は対象外)。
●商品は宅配便にてお届けいたします(指定運送業者:ヤマト運輸)。
●お届けにあたって、到着日時指定が可能です。ご購入の際のレジ画面で選択してください。

返品について
商品の品質には万全を期しておりますが、万一、不良・破損等ございましたら「7日以内」にご一報ください。早急に対応させていただきます。
●商品の性質上、原則として未使用・未開封のものに限らせていただきます。

沼隈ぶどうジュース(イラスト:柳原良平)

保命酒 / 鞆の浦(広島県福山市鞆町)特産

保命酒・本みりんのお求めはこちらをクリック

保命酒(ほうめいしゅ)とは

保命酒 / ほうめいしゅ瀬戸内海の鞆の浦で誕生した保命酒は江戸時代の初めより醸造された薬味酒(和製リキュール、アルコール分: 14%)で、もち米をベースに作られた甘口のお酒の中に、16種類の薬草を溶け込ませて作られます。日本最古のリキュールとも言われています。

古くから万病・長寿に良いとされ、江戸期には備後福山藩御用達の酒として、贈答や献上品としても喜ばれてきました。幕末には黒船で日本を訪れたあのペリー提督も饗宴の席で口にしたとされ、また、かの福沢諭吉も手土産に使用したと伝えられています。

保命酒にはヒトの必須アミノ酸9種類がバランスよく含まれています

保命酒は桂皮などの薬味16種をみりん酒に漬け込み、じっくりと成分を抽出させて造り出されます。

麹の糖化力によって米の旨みを充分に取り出し、米由来の甘みと浸透圧がかかることによりエキスが抽出されます。これに含まれる必須アミノ酸9種類(※)を含む18種類のアミノ酸はコクを与えてくれるばかりでなく、身体に嬉しい成分であることが知られています。これにはベースとなる良質のみりんを造ることが何より欠かせません。

※ リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、バリン、スレオニン、トリプトファン


△ ページの上部へ

保命酒・本みりんのお求めはこちらをクリック

保命酒の歴史

ペリー像(嘉永7年頃)-下田市・了仙寺所蔵保命酒が生まれたのは、万治二年(1659年)江戸時代初期。大阪の漢方医の子息、中村吉兵衛が当時鞆の浦で造られていた「吉備のうま酒」というお酒に中国産の生薬をつけこんだのが始まり。

中村家は鎖国時代に、唯一国外に開かれていた港、長崎の出島に薬草の買い付けに行っていましたが、その道すがら、鞆の津に立ち寄り、「吉備のうま酒」と出会ったのです。以降、現太田家住宅の場所で、「十六味地黄保命酒」として醸造をはじめます。

江戸時代、保命酒は福山藩の庇護を受け、備後の特産品として全国にその名を広めましたが、幕末には、黒船・日米親和条約で知られるペリー提督一行の接待に用いられたことでも有名です。

「日本人亜墨利駕人応接之図」下田・了仙寺所蔵

△ ページの上部へ

保命酒の語源

保命酒という名前の語源には諸説ありますが、「延命保寿」の意から「保命酒」と呼ばれるようになったとされる説がもっとも有名です。


保命酒の美味しい飲み方

「ハリスの夢」〜保命酒アイリッシュコーヒー(静岡県下田市・可否館) 保命酒は、食前酒や食後のデザート酒として、また、ドリンクやフルーツに加えて・就寝前にもご愛飲ください。※ 1回30ml程度(おちょこ1〜2杯程度)を目安に毎日お飲みください。

  • ☆ ストレートで
  • ☆ 水割り・お湯割りで
  • ☆ 炭酸・ジュース割りで
  • ☆ ウーロン茶割りで
  • ☆ 紅茶に入れて
  • ☆ ロックで(甘みが気になるならレモンスライスを添えて)

保命酒ドリンク各種

鞆の浦お土産としての保命酒

広島県の観光名所である鞆の浦で一番著名なお土産品は「保命酒」です。

健康のためのお酒というと、体調を崩されている方や高齢の方のみが注目していそうなイメージがありますが、近年、保命酒は「上質なみりんから作られ、アミノ酸を豊富に持つ」その成分から「美容にも大変良い」としてテレビなどでも取り上げられることがあり、若者、特に女性の方に対し、人気が高まっています。

現在では、従来の保命酒をもっと飲みやすくした「梅漬け保命酒」や「あんず漬け保命酒」などの商品もあり、また、鞆の浦にある保命酒蔵元ではどの店舗も試飲サービスを行っており、気軽に味を試すことが可能です。

保命酒・本みりんのお求めはこちらをクリック

保命酒 関連商品(ノンアルコール製品)

ノンアルコールで保命酒の味わいを気軽に味わいたい方には、保命酒粕で作った飴「保命玉」をおすすめいたします。保命酒粕(みりん粕)の自然な甘みとほのかに漂う保命酒の風味が特徴の飴玉です。水あめ、グラニュ糖といった昔ながらの原料が主成分(人工甘味料は不使用)ですので、優しい味わいののど飴としても好評です。

保命玉

▲保命玉 商品ページで詳しくみる

保命酒 関連商品(保命酒の酒粕/みりん粕)

近年、話題になることの多い「みりん粕」。保命酒の酒粕はみりん粕です(保命酒はみりんをベースに作るリキュールです)。

日本酒の酒粕に比べ、「甘み」が特徴のみりん粕。ほんのりとしたその甘さを活かして、あぶってそのまま食す方もおられますし、粕汁・お漬物(粕漬けの漬け床・かす床)はもちろん、甘酒などの原料としてお使いいただくことも多いです。例年、11月頃が漬物のシーズンと言われますが、その頃には「本みりん」とともにこちらの保命酒粕をお求めになるお客様からのご注文やお問合せで大変にぎわいます(保命酒粕については業務用1kgサイズもございます。ご興味がある方はいつでもお問合せください)。

岡本亀太郎本店の保命酒加寿(保命酒粕・みりん粕)

▲岡本亀太郎本店の保命酒加寿(保命酒粕・みりん粕) 商品ページで詳しくみる